レーシックは保険が適用されるのか?

こちらはレーシックの保険の適用について、レーシックの料金設定の違い、銀座眼科の集団感染事件についての記事サイトです。

レーシックは自由診療なので公的保険は適用されませんが、私的保険や医療控除が対象となる場合があります。
それはなぜか?についてと、レーシックはクリニックによって料金の違いがあるのはなぜか?その理由についての記事があります。

また、2009年に起こった銀座眼科の集団感染事件をまとめた記事もあります。
安全と言われているレーシック手術で、67人もの患者が感染性角膜炎を発症した経緯とは?その事件の内容を解説しています。

これからレーシックを受けようと思っている方に、事前に読んで頂きたい記事をまとめてみました。

目が悪いと色々不便ですよね?眼鏡だと常に手の届く所に置いておかないといけないし、スポーツをする時や、雨の日は大変。
コンタクトレンズはお手入れが面倒。お金も結構かかるし、目のケアも大事。
もし目が良かったら、これら全ての不満が解消されるのに…と思う方も多いはず。

そんな悩みを解消できるのがレーシックです。
一回の手術で、しかも15分程度の日帰り手術で視力が回復するなんて嬉しいと思いませんか?
これからの長い将来、眼鏡やコンタクトレンズだと結構な手間や費用がかかってしまいます。そんな煩わしさを解消するためにもレーシックを受ける方は多いです。
(もちろん、全ての人が手術を受けられるわけではありません。)

でも、その費用って一体いくらぐらいなのか?保険は適用されるのか?
それについて詳しく説明しますと、まず、レーシック手術には保険が適用されません。

普通の病気なら公的保険が適用されますが、レーシックは自由診療のため、保険の対象外となります。
目の手術であっても、美容整形や歯科矯正と同じなんですね。

レーシックの費用は、病院や種類によって変わるのですが、片目の場合は5~20万円前後、両目の場合は10~50万円前後となります。
保険が適用されないため、この何十万という費用は全額自己負担になってしまうのですね…

しかし、公的保険は適用外でも、生命保険や医療保険、医療控除が対象となる場合があります。
こちらも加入している保険によって費用が変わりますが、手術給付金として5~10万円程が支給されます。

レーシック手術の費用に関係なく、これほどの費用が支払われますので、気になる方は一度問い合わせてみると良いでしょう。

オイルマッサージやスポーツマッサージを受けられる方はコチラまで

病院 保育

残留農薬

毎月、住宅ローンを返済しています。

浴槽塗装